2012年3月25日日曜日

第3回「狂言を楽しむ 徳讃会」のお知らせ

さて。
来る、平成24年5月13日(日)に善竹能舞台にて、第3回「狂言を楽しむ 徳讃会」を催す運びとなりました!
面は乙(おと)といいます

今回も、初めにプロジェクターによる解説を行います。
テーマは「大蔵流狂言の登場人物」にスポットを当ててみたいと思います。その他にも、おさらいをかねて、能、狂言、歌舞伎との違いや、大蔵流狂言の歴史などにも触れてみたいと思います。
もちろん、初めて大蔵流狂言をご覧になる方でもお楽しみいただけるよう、視覚的・直感的に分かりやすい解説を心がけて参ります。

演目は、
鬼瓦」(おにがわら)と「仏師」(ぶっし)です。共通する場所は奇しくも京都の「因幡薬師」になりました。


皆様のお越しを心からお待ち申し上げております。チケットのお申込みは、こちらから承っております。


演目とあらすじ