2018年5月22日火曜日

【御礼!!】お陰様で無事に終了しました!!【後説付き】 ☆☆☆☆

さて!5月20日の第14回「狂言を楽しむ 徳讃会」は、お陰様で盛会の内に無事に終了しました!!お運びいただきました皆さまには、誠に有り難く御礼申し上げます。

いやー。初めは涼しい感じで。
冷房も入れず、順調に快適に進んでいたのですが、やはり2曲目の「酢薑」が済んだ辺りから暑くなり始めまして。

舞台側の冷房を入れたのは良かったのですが、頭の方は暑く、足下は冷えて!?という状態だったようで、実は……「空腕」の間で右の足底筋がモーレツに攣りました(爆)
ちょうど、太郎冠者が主宅へ戻ってきて、自分の「(空)腕立て」を語り始めた辺りだったでしょうか……。

その後、腕自慢の語りも「さわり」に入りまして、大きに盛り上げ、
「側なる大木を木盾に取って……」
あたりでは、ちょうど片膝を着きますのでね、その間に足底筋のストレッチを試みた(えー。筋が収縮してるのを放置するより、逆に伸ばす方がダメージは少ない)のですが、イマイチ回復せず(;^_^A
「斬って、斬って(ドン!と右足拍子)斬りなやいて御座るが……」
で、足拍子を踏んだタイミングでは内心(ぐぬぬぬぬぬぅ……(T_T) )となっていたのであります……が、お楽しみ頂けましたでしょうか!?(大汗)

さてさて。

少し、補完的解説を少ししておきましょう。
重喜の科白、
「よう、揉めましたか?」
というのは、確証はないですが、例えば髭を剃る前なんかに蒸しタオルで髭を温めて柔らかくしたり、皮膚を少しマッサージして行うと良い(肌が荒れにくい?)らしいので、恐らくは頭皮を揉み込んで、剃りやすくしていたのではないでしょうか?
そういう型はないですが、そのようなことであろうかと思います。

酢薑は、要は言葉遊びの類いで、秀句とか地口(口合い)、語呂合せ?が該当するでしょうか。強いていうならば、今の「お笑い」で言う「天丼」とか「かぶせ」というあたりにもなってきそうですね。(違うか^^; )
現代の笑いのルーツもわかる!?^^;

そして、空腕
事前のプロジェクタの解説では、ブラタモリではないですが、ちょっと地図も盛り込みましてお話しさせて頂きましたけれども、あまりにマニアックになりそうだし、時間も少なかったので、特に触れませんでしたが、太郎冠者の科白に「鳥羽畷」という地名が出てくるのです。

「東寺の出離れ」〜「淀」まで(魚市場跡という碑があるという話)の話をいたしましたが、おそらく最短距離の「鳥羽街道」を通り、淀へ行こうとしたと思うのです。
☞この辺は、大きに私見ですので、話半分で聞いて下さいよ?

実は、魚市場跡もたまたま偶然見付けたんですけどもね^^; 

いや、ま。その、
「鳥羽畷(縄手)」ってどこじゃいな?
ってずーっと探してたわけです。
師父なる人は「縄手通り」ちゃうか?と言いますし……。
しかし、東寺から、淀へ行くのに、そっち回りますかね???エラい遠回りですやん?

ふと目に付いたのが「久我畷(こがなわて)」。
調べますとですね……リンク先の「久我 羽束師に関する発掘調査地の位置図」というのを見て頂きたいのですけども、現在はところどころ途切れたりしているけれども、鳥羽離宮跡から大山崎の方へ、西国街道へ斜めに真っ直ぐ突っ切って、合流する街道があったようなのです。(むろん、鳥羽街道を横切るような感じ)

まさか!?先祖のどなたかが「こがなわて(koganawate)」の音を誤って「とばなわて(tobanawate)」と間違って、書き留めたり写し取ったりしたか知らん!?
大蔵虎寛本「能狂言」(笹野堅 校訂、中巻、p.57)も確認しましたが、「鳥羽縄手」または「鳥羽畷」でありました^^;

でも、あくまでも私見ですが、久我畷と考えるとつじつまが合うんじゃないか!?などと思いながら、「空腕」演じさせて頂きました。
☞畷には斜めの道って意味もあるらしいので、もしかしたら鳥羽からの斜めの道ってことで正解なのかも知れませんが?

ま、専門家でもない僕の想像なんで、あまりあてにはしないで下さい(笑)
え?論文になりそう!?なりそうなら、着想を得たのは僕:能楽師大蔵流狂言方の善竹徳一郎のブログだった。ってどっかに献辞でも載せといて下さいナ。

ま。そんなんでね。

当日の解説の最後で告知もいたしましたが、次回の第15回「狂言を楽しむ 徳讃会」でひとまず、徳讃会は終了です。

一から…いや、ゼロからの構築:ルートを再開拓し、ノウハウを積み上げていくのは、それはそれは、とてもとても大変だったのですが、終わる(もとい、終了させられる)のは意外と簡単(その労苦を知らぬ人にとっては?)なんだな。って思います。
如何に器用な僕でも、両手両足を縛られた状態で水に放り込まれ、「上手く泳げ!!」と言われても、泳げませんデス。溺れ死にます……ハイ。
上意下達を旨とする斯界においては致し方ありません。已んぬる哉。

次回の徳讃会、有終の美を飾るべく、精一杯勤めたいと思います。



2018年5月14日月曜日

お稽古_㉛ 大稽古:あわせ稽古、ラストです!! ☆☆☆☆

まずはお知らせから。今週末(5月20日)に迫りました、第14回「狂言を楽しむ 徳讃会」。引続きチケットのご購入申し込みを承っております。当日、受付でのチケットお引渡しとなりますが、その点だけ、ご了承をいただければ幸いに存じます。(昨日5/13の時点で、残席10でした。)

今回の大稽古(じぃじとの合わせ稽古)で、ひとまずお稽古は終わりということになります。前日の19日には、実際の本番当日の時刻に合わせて、善竹忠亮氏とのお申し合わせをお願いしております。
息子殿、いつになく気合い十分な感じで大稽古に臨んではりましたが、ぜひそれを普段のお稽古でも発揮してほしいわー。と、とーちゃんは思いました。
いつもお稽古は本番のつもりで。
って言うてるやん。まぁ、エエんですけどね(−_−;)

概ね、師父なる人(じぃじ)からの感触も良かったですし、この調子で、本番を迎えてもらいたいものです。


2018年5月13日日曜日

【残席】残り、10席です!!【僅か】 ☆☆☆☆

ハハァ……。これは、ビミョーなラインですなー(笑)
当日券をご用意できるかどうか!?5月13日15時現在、 残 り 1 0 席 となりました。鑑賞御希望の方は、お急ぎあれ!!

さてさて、チケットの郵送は、間に合わない場合も考慮して、当日受付でのお引渡しとさせていただきますので、あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。
チケットのお申込み、御購入(クレジットカード決済を御希望の方は特に!)は引き続き承りまっております。
どうぞよろしくお願い申し上げます(≧∀≦)/
☞なお「手売り」でも発売しているため、ネット上で在庫がありましても、御購入いただけない場合もあります。

5月20日(日)14時〜
於:善竹能舞台

チケットは、絶賛発売中です!!
5月14日(月)から、チケットお引渡しは、
当日の受付にてとなります。
ネットでお求めになりたい方はお早めにどうぞ。
(お申込み、御購入は引き続き承ります。)




入場料:
一般券:¥4,000
学生券:¥3,000(20歳以下)
全 6 0 席
場所:善 竹 能 舞 台



皆 さ ま の お 越 し を お 待 ち 申 し 上 げ て お り ま す !!

2018年5月9日水曜日

お稽古_㉚ 中稽古:いろいろ、忙しいわな(;^_^A  ☆★★★

平日の稽古は、だいたい18時前後に僕が帰宅しまして、夕食を摂った後に行うことになっていますが、とーちゃんが食事を摂り終わるまでに、子らは学校帰宅後からの習い事、宿題、入浴の準備、翌日の時間割……etc.などを終えておかねばなりません。

僕自身も、子らのペースに合わせて動いていると何一つ有益なこと(!?)クリエイティブなこと(!?)が出来ないので、効率よく回すことを心懸けております。
☞基本、彼奴らはおさらいがメインですし。

例えば8日は、夕食後に子らの歯磨き(仕上げ磨き)を施し、初手はムスメの「痿痢」→なかなか息子殿の課題が終わらず、とーちゃんは自分の「酢薑」を稽古。→そうこうしてるうちに、息子殿が足袋を履いて稽古場に来るので、そこから「重喜」。→もちろん、息子殿の勤める重喜の相手役は全部僕がするわけですね……。

いやー。自分自身が恐ろしいですよ。何が恐ろしいって、器 用 貧 乏 暇 無 し なあたりが、特に。
-`).。oO(やっぱさ、収入に結びつける事ができる能力がいちばんエラいわけですだよ。

今回の中稽古では、本番に用いる御道具を実際に使ってみました……。やっぱり、ちょっと使い勝手が違うみたいですね。僕や師父なる人には少しの違いでも息子殿には大きな違いに感じることもあるようです。あと、数回の稽古ですが、慣れるように努めさせていきます。

さてさて、チケットの方は……。あと15席ほどあるようですね。
迷っている方は、お急ぎあれ!ww
☞もう、二度と観られないかも知れませんよー(o´∀`o)
☞ひとまず、今秋(10月21日)の第15回が最終回!の予定ですから。




2018年5月7日月曜日

【販促】チケット引き続き発売中です!!☆☆☆☆

5月20日(日)14時〜
於:善竹能舞台

チケットは、絶賛発売中です!!
※5月14日(月)から、基本的には「手売り」に移行します。
ネットでお求めになりたい方はお早めにどうぞ。




入場料:
一般券:¥4,000
学生券:¥3,000(20歳以下)
全 6 0 席となっております。お申込みはお早めにどうぞ。
場所:善 竹 能 舞 台



皆 さ ま の お 越 し を お 待 ち 申 し 上 げ て お り ま す !!

お稽古_㉙ 大稽古:さらに突っ込んだ内容で ☆☆★★

5月20日(日)の第14回「狂言を楽しむ 徳讃会」まで、あと余すところ2週間となりました。今回も浴衣と袴、本番で用いる十徳、角頭巾も着けて、より実戦的に……あと、動画撮影もしつつ。

それと、何かムスメも見学するとか。ちょこんと座っていました。精々緊張する?環境を作出してくれ給え!!
☞この人は、自分がやるのは嫌だけど、見るのは割と好きなのかしら(;^_^A 
☞重喜のクライマックスで大喜びしてましたです。

6日に録画を見ながら、いろいろとさらに突っ込んだ内容の指摘がありまして。僕も、何となく「間延びするなぁ…」と感じていたところも、ピタッと格好良く収まるようになり……(なると思う^^; )
これらは、次の平日の小稽古の課題となりました。

そして、装束組み……と。
あらかじめ、リストを作っておくと、段取りよく進みますなー(;^_^A
☞自画自賛

「重喜」以外の他の2演目は、いわゆる「小道具」はほぼない(「空腕」で太刀を使いますが?)のですが、重喜は細々したものが入用です。
ぜひその辺も含めて、お楽しみ頂ければと思います。
一応、次回の大稽古(直前の最終になるかな?)では、本番用の小道具も一度使わせてみようということになりましたので、それも組んでおきます。これがね、意外と手間取りました。
☞ま、細工は流流仕上げを御覧じろ……ってとこでしょうか!?ww

13日には、見所(けんしょ)の設いを調えまして……20日は本番ということになります。
今回、解説は僕担当なので、その用意もしなくては!!(゜∀゜;ノ)ノ
☞いろいろ、お尻に火が付いて、切羽詰るべきところなのに悠長に構えてる自分が怖い(>_<。。。 





2018年5月1日火曜日

【最後に大切なお知らせがあります】第14回「狂言を楽しむ 徳讃会」のチケット発売中です!! ☆☆☆☆

5月20日(日)14時〜
於:善竹能舞台

チケットは、絶賛発売中!!



入場料:
一般券:¥4,000
学生券:¥3,000(20歳以下)
全 6 0 席となっております。お申込みはお早めにどうぞ。
場所:善 竹 能 舞 台


皆 さ ま の お 越 し を お 待 ち 申 し 上 げ て お り ま す !!


2018年4月30日月曜日

お稽古_㉘ 大稽古:細かな修正を…たくさん & パワハラなのかなぁ…。 ☆☆★★

舞台を掃除した回数だけは…
誰にも負けないぜッ!?

そんなもの自慢しても仕方ないですが、そろそろ息子殿にタッチしたいところです。
とーちゃんは、ゆっくりしたいのです。しかし土曜朝イチのこの時間帯は、前述したかも知れませんが、おさるのジョージひつじのショーンを御覧遊ばすというルーティーンが御座いましてな。まぁ、たわいもないお話ですが、そこは観ないといけないようです(-_-#)

僕の方は、なんか最近思うように身体が動きませんね。稽古中も集中力が経時的に下がって、疲労感が累積していくような自覚があります。そして自分のイメージ通りに身体が動かない。…歳でしょうか(;・∀・)

何が原因だろうか……とここのところ考えておりますが、29日にひとまず身体のメンテナンス行ってみようかと思います。
仕事場でも背腰部〜中殿筋あたり(あるいは大腰筋の辺かも?)〜ハムストリングスに掛けてどうもモヤモヤとしている感じがして、よろしくありません。

息子殿の大稽古は、今回はゆかたを着けて。
着物の出で立ちでの動きは、やはり思っていたのとは違うようで、僕の方は新たな指導の課題も見つかりましたし、それを踏まえて平日におさらいをしていくことになります。
ま、この人はだいたい出来てきましたので、ひとまず安心です。
体調管理をしっかりしてください。

ムスメ……orz
こやつはいろいろとゴネましてね。最近はどうやら駄駄を捏ねると、とーちゃんは譲歩すると思っている節があります。今回は1つ目は譲歩しましたので、最早譲るつもりはありません。

結局は目先の当座のお稽古を逃れて、後回しにしてるだけ。というのは、見え見えの魂胆ですし、「あれもイヤだ。これもイヤだ。」「かぁさんに見てもらいたい。」などと内容がエスカレートするだけなのです。
☞なんでこうも浅はかなんだろう(笑)ま、子どもやしな。

聞き入れない場合、まぁ当然に泣きますわな。
前に息子殿がこの年代の頃にも、やっぱりゴネてましたけども……。今回も僕は同じテを使って、「よろしくおねがいします。」をムスメに言わせねばなりません。
☞現状より、さらに辛い状況を提示、あるいは想像させて、現実的に「稽古をつけてもらう」ことの方がメリットが高いと思わせるのです。
☞言語化するとヒドイ仕打ちですね(笑)

やるべき事ならば、僕はどんなに時間が掛かってもやりますし、要は「逃げ」ても仕方ないことには、腹を括るしかない。と自覚してもらうしか方法はないように思う訳です。
前にも書きましたけども、自分の嫌なこと、したくないこと(お稽古)を「して下さい。」って「お願い」しないといけない子の気持ちを忖度wwしてみるんですが……。
 僕 :「では、お稽古を始めます。“よろしくおねがいします。”は?」
ムスメ:「・・・・。」
 僕 :「早ぅ“よろしくお願いします”言わんか!(*`Д´*)」
ムスメ:「・・・・(号泣)」 
この沈黙がすべてのような気がします(爆)
現にこのやり取りは、2,3回繰り返しましたし。
☞稽古場の電気はすべて落として僕は退室し、泣いてるムスメを放置、自ら考えを改めるよう促すわけです。

そして……ふと思うのは、
「コレって、パワハラなのかしら!?」と。
……と言うて、舞台上で頭が真っ白にフリーズしても、誰も助けてくれないわけで、予定のレベルまで出来ていない以上は、稽古は積まねばなりません。そこは譲れないですわなー(;^_^A
「やっぱりその辺がジレンマだなー。」
って、今回も思った訳であります。
妻なる者、息子殿ピアサポート?ww)、我が母なる者(はたまた師父なる者)のフォローを期待する次第です。



2018年4月25日水曜日

お稽古_㉗ 中稽古:そういう事もあるわな ☆☆★★

まずは販促から!
かねてよりお知らせしております、第14回「狂言を楽しむ 徳讃会」は、本年5月20日(日)午後2時から、善竹能舞台にて開催いたします。皆様のご支援が我々の励みとなり、また法人活動の原資となります。チケットがsold outとなりますと、中の人がたいへん!!随喜の涙を流して喜びます。ぜひこの機会にお運びいただければ幸いに存じます。
なお、チケットのお求めはこちら!!から、承ります。どうぞよろしくお願いします。

さて、今回の中稽古は、前回のじぃじとの大稽古を踏まえまして、僕も要求する内容を高めていきます……が。
いかんせん、平日の夜のお稽古となると、息子殿もお疲れであります。習い事もあり、また学校の宿題もあり、そしてまた自分のやりたい事もあり、かーさんとお風呂にも入らねばなりません。
ジレンマに苛まれるのは、拙家に生まれた者の宿命とも言えましょうか。

僕も長年、二足から三足の草鞋を履きこなして!?きましたが、マルチタスク言うたかて、結局はそのフェイズ、フェイズで所与の条件から最適解を導き出すしかないのです。
👉僕がたどり着いた境地?とは、できる事しか、出来んということでした。

要は、如何に素早く切り替えるか。やるべき事の優先順位をつけて優先度の高いものからこなしていくか!?しかないわけです。
しかし、まだ青二才の坊(ぼん)には、荷が重いようですな(^^;;

ただまぁ、稽古には駄々をこねたり、なおざりな気持ちで臨むと、結局は「やり直し」が増えて、時間がとられてしまうと言う事も分かっているようです。その辺は以前よりは格段に進歩してますね(笑)
その意気や良し。クワィッと集中して、サクッとやっつけてしまおうゼ。

ただ、なーんで、ここでど忘れするかね。
👉まぁ、僕も最近はノーミソもポンコツになって来たのでしょっちゅうですけどね(-。-;

真っ白になってフリーズするという事態は、厳に避けたいところです。僕も易々と助け舟は出しません。
お客さんも心配してはるデ……どうするねん?自分で考えてみ。
と、ここぞとばかり精々プレッシャーを与えます( ̄∀ ̄)
別にイジワルするつもりはないんですよ?獅子は千尋の谷へ我が子を突き落とすとか落とさないとか。そんな感じです。
今回は、もう一度、そのセンテンスをはじめから言ってみる(本来はアウトですが?)というのをアドバイスしましたら、流れで何とか思い出せたみたいです。

サクッと終わらせるつもりが、僕も少し興にのってしまったです(-。-;
つい、長引いてしまいまして。えっ!?もう20時半Σ(・□・;)

そこから、息子殿は宿題をしーの、音読を済ませーの、次の日の時間割しーの(僕は傍らでそれらのチェック)したのでした。
で、ムスメが上がって来たので、息子殿と入れ替わりで僕はムスメの方にかかり……。
そんな風にして、平日の夜は終わるのであります(`_´)ゞ


2018年4月23日月曜日

【嘆願】そんな時は、リロードを……。 ★★★★

えー。iPadからBlogTouch Proというアプリにて投稿していますが、タイトルだけがアップロードされ、内容が雲散霧消してしまうという状態があるハナシは以前お伝えしたかもしれません。

未だに慣れず、どうやらまたタイトルだけ。って時間帯が少しあったみたいです。現在は解消されていますが、今後もしその様な時がありましたら、ブログのページをリロードしてみてください。
お手数ですが、よろしくお願いします。

※再編集・校正(誤変換の修正)が即時に反映されてない時もある様です。お目汚し、申し訳ないです。

お稽古_㉖ 大稽古:お稽古の条件って大事(⌒-⌒; ) ☆☆☆★

土曜日、僕の稽古がありまして、引き続いて息子殿のお稽古です。
何かとやりたいこともあるのかして、渋々と稽古場にやってまいりましたが、そこは気合いを入れて。

今回はじぃじからもツッコんだ指導もあり、なかなかすぐにそれができないという感じでありました。
その辺はまた平日の中稽古で磨きをかけていきましょう。

午前中のうちにムスメの稽古を済ませておくと、午後からの子ども狂言教室「狂言塾」に専念できるので、急ぎ準備をさせて狂言「痿痢」にかかる事にしました……が。

何かいつもと違うんですよね。全然良いところがない。
そして、
ブルッ
と、してます。
ははーん。なるほど。ピンと来ました。オシッコを我慢してたのね(⌒-⌒; )

すぐにトイレに行かせまして、仕切り直して稽古を始めますと!まぁ、スラスラと。
トイレを我慢してて、うまく思い出せなかった様です。

悪い事をしました(-。-;
特に、幼い子ども相手には、もう少し配慮して条件を整えるべきでした。お昼ご飯前に少し焦り過ぎましたか。

来週には、息子殿は浴衣と袴を着け、襷もかけてやってみる予定ですが、その辺は留意して臨みたいと思います。

2018年4月20日金曜日

【第14回 徳讃会】1ヶ月前となりました!!【チケット発売中!】☆☆☆☆

5月20日(日)14時〜
於:善竹能舞台

チケットは、4月1日より好評発売中!



入場料:
一般券:¥4,000
学生券:¥3,000(20歳以下)
全 6 0 席となっております。お申込みはお早めにどうぞ。
場所:善 竹 能 舞 台


皆 さ ま の お 越 し を お 待 ち 申 し 上 げ て お り ま す !!


2018年4月18日水曜日

お稽古_㉕ 中稽古:だいぶんと出来てきた。 ☆☆★★

お粗末なハナシですが(;^_^A
先般、清水の舞台からダイブしたiPad Proにて初投稿!の予定だったのですが!!
タイトルのみがアップされ、内容が投稿されないという不具合があるようですヽ(`Д´)ノ
何だかなー(-_-#)

ぐはー!!力作(でもないけど、それなりに?時間を掛けた記事)が雲散霧消するという……orz
ホント、文明の利器のくせして、ウンコ召し上がれだわ(+_+)
☞だいたい、一度消えた内容を再び、同じように2度目に書く時って興醒めするよね。


えー。これが、清水の舞台からだいぶ下の方から見つかった、iPad Pro12.9とあぽーぺん(しる:Apple Pencil)と賢いキーボード:Smart Keyboardです。

この、あぽーぺん(しる)も、急に使えんくなりましてね。

いろいろ調べましたが、まさかの画面保護フィルムとの相性、最悪でつか!?という……ね。せっかく綺麗に貼ったヤツを危うく、引っ剥がすところでしたが、よくよく見ますとね、あぽーぺん(しる)のペン先の円錐様のパーツが緩んでまして。

ええ、ええ。
これを締め増ししますと、キビキビ、サクサクッと動くようになりましたとさ!!
ペン先のパーツに隙間空いてるの、「仕様」かと思うてましたけど、違いました。
Apple Pencilが反応しなくなっても、Bluetoothではちゃんとつながってる。バッテリーのインジケーターも表示されてる……って時は、ぜひペン先の円錐のパーツ、締め増しを御検討下さいましな。

そしてこれが!!あぽーぺん(しる)復活を祝した、喜びの初描画だ!!
近くは寄って、目にも見よ!!
揮毫:とくいちろ画伯
※画伯註:アンディー・ウォーホルとは
一切関係ありません。

それはともあれ。

中稽古です。
稽古に先立ちまして、息子殿には口頭でじぃじとの大稽古のおさらいをします。
まぁ、なんだかんだと場数も踏み、稽古をこなしてきたので……ね。まぁそこそこはね。出来るようになってきましたよ。コレは助かります。
しかし、手直しを命じられた部分が癖にもなってしまっているので、本人的にはなかなか思うようにはいかないようです。(つい、手直しされる前の動きになってしまう)
そこは、自学自習を促して稽古を終わりとしました。
☞稽古場は逃げませんから!(´∀`)

ところで、ムスメ御です。
このお方は、なんかやっぱりムラの多い方でして。出来るときと出来ないときの差が大きいようです。何とかここを、安定してキープしたいのですが、如何せん、本人も割とノリでやり過ごす感じなのでね(;・∀・)
にぃにとはまた違った感じの、勢いでやっつける感じの……。
☞逆にノッてくると、軽快に終わらせるわけです。

まぁ、徳讃会が終わるまでに何とかなればいいですが……。

さてさて、そんな第14回「狂言を楽しむ 徳讃会」ですが、5月20日(日)14時〜、大阪は高槻市の善竹能舞台で催します。
チケットは、好評発売中です!!


皆さまのご支援が、我々の活動の原資となります。
是非とも、よろしくお願いいたします!!m(__)m 



2018年4月16日月曜日

お稽古_㉔ 大稽古:じぃじとの合わせ稽古始まる!! ☆☆☆☆

14日土曜日は、僕が梅猶会に伺いましたので、お稽古は日曜日にスキップとなりました。
日曜日は、例によって朝イチからのお掃除を行いまして、それから今、取り組んでいる狂言「空腕」の稽古をつけてもらいまして。

コレがなかなか、一筋縄ではいかない( #意見には個人差があります )演目でありまして…。
曲趣そのものは、非常に良くできた演目なので、是非一度ご覧になっていただきたいのですが、難しいのですよ(^^;;
コッテリ90分ほど絞られまして、今度は息子殿!

呼びに行きますと……
おれ、うんこ漢字ドリルやってるから。
と、宣います。

いやいやいや、この間、じぃじと合わせるって言いましたよね!?もう、お忘れですか???(;^_^A
どうぞ、お急ぎくださいませ(-_-#) じぃじは、稽古場で待ってます。

二つ三つ、手直しがありまして、あと、「こうやったらエエねんで!」という指導もあり、次回からの中稽古はさらなるブラッシュアップをはかっていきます。

第14回「狂言を楽しむ 徳讃会」5月20日(日)です!!ぜひ足を運んで頂ければ幸いに存じます。

【販促】第14回「狂言を楽しむ 徳讃会」開催のお知らせ ☆☆☆☆

5月20日(日)14時〜
於:善竹能舞台

チケットは、4月1日より好評発売中!



入場料:
一般券:¥4,000
学生券:¥3,000(20歳以下)
全 6 0 席となっております。お申込みはお早めにどうぞ。
場所:善 竹 能 舞 台


皆 さ ま の お 越 し を お 待 ち 申 し 上 げ て お り ま す !!



2018年4月12日木曜日

お稽古_㉓ 中稽古:木曜→火曜に変更 ☆★★★

火曜日

趣味の大蔵流狂言講座「高和会」は、いつも火曜日の19時(生徒さんの御都合で19時半からになっていましたが。)から開講していましたが、今般、木曜日19時〜に戻る事になりまして。これに伴い、子らの平日のお稽古も木曜→火曜にスイッチすることになりました。

しかーし。
えー。とーちゃんも、あまり知られてないのかも知れないけど、実は生身のヒトであります。時にお仕事にお疲れちゃんの時もあります。火曜日は子らにお稽古をパスしてもらって(笑)水曜日に。

ええ、ええ。
水曜日はちょうど、法務局に行く用事が出来てましたので、半ドンでありまして。帰宅後夕方までにお稽古しましょうか。ってことにしました。

水曜日

………何故に吠ゆる、ムスメよorz
三時のおやつも食べて、上機嫌だったじゃない!?(゜∀゜;ノ)ノ

え?眠いの??眠たくてダメ???(;^_^A
眠いのは、とーちゃんかて、眠いわ!!ヽ(`Д´)ノ
埒が明かないので、急きょ息子殿のお稽古から。ムスメには、にぃにのお稽古を見学しているように厳命します。
彼奴も渋るかなぁ?と思ってましたけども、意外とやる気はあるみたいで。妹にエエとこ見せたろう。という魂胆でしょうか。

いつもより、キビキビ、サクッと音が聞こえるような勢いでお稽古をなさいまして(爆)
まぁ、彼奴も小学校の先生にチケットを売りまくってる!?らしいので、なかなか頼もしいニヤ(・∀・)ニヤ

そして、ムスメ。
やれば出来るんだけどなぁ……。メンタルをもうちょっと鍛えなあきませんかなぁ。まぁなー、僕の子どもだから仕方ないな。時間が掛かるのは(;^_^A

さて。

上述の、「お疲れちゃん」と言うのも、かくいう小職にも職場環境の変化(バックヤードの変化?)というものがありまして。
☞えー、別に肩を叩かれたわけではない(;^_^A 

なんと!10年以上ぶり!!他の同僚と同じ部屋で過ごす!!!……(゜∀゜;ノ)ノ
という、ね。
☞まじかー。思い起こせば、今まで独り部署で細々と……孤独って、コレだったのね。
☞割とストイックに過ごしてたのかも。って、今なら思える。

いやー振戦だわー。いやいやいや、もとい新鮮だわー(;^_^A 
たぶんね。今まで、60歳以下とは挨拶以外は一言も話さず、仕事行って帰ってた日って、絶対あったと思うのですけども(いや、ホントは60歳〜100歳オーバーに勝手に僕が声掛けしてただけですが……)今や自分とは同年代以下の方が同室にいたりするというのは、なんだろう、スゴいよね。何だか若さを感じちゃうよね(笑)
☞比較対象が規格外だわな(;^_^A この10年間以上、自分の歳の2倍から3倍な人たちがメインだったんだものね。

今までは小児科外来待合の真横の部屋に居りました。子たちの阿鼻叫喚の巷と化しており、絶叫が聞こえぬ日はありませんでした……が!!

閑かッ!!!
なんて、静かなの!?

で、ポットに温かいお湯があったりするので、コーヒー飲めたり、おやつを分けて貰えたりすんだよ!!(°□°;)
こんな、人間的な生活(オトナな仕事環境?)もあったんだー(T_T)
おやつはね…大事ですよ♡って、新しい職場環境の同僚談。

そして、まぁまぁ楽しいです(≧∀≦)/
☞昼寝できなくなったのは辛いけど。
☞意外と、あの絶叫が懐かしかったりもしますが(^^ゞ

いろいろな変化がありますね。
そうそう、しばらく音信不通だった旧友から連絡があったりとか。
うむ。おめぇら、何かあったのか!?
☞それもまた、楽しくて佳き。



2018年4月9日月曜日

お稽古_㉒ 中稽古:ちょっとしつこく指導してみる(。-∀-) ニヒ♪ ☆☆★★

段々、稽古もこなれてきますと、マンネリ化?しなくもないのです。
なので、今回はより積極的に、しつくこく手直しを加えてみることにします。むろん、子らには適度に嫌気の差さない程度に(笑)

ムスメは、いつも惜しいんですよね。一応は覚えてはいるんだけど、自信がないのだろうなぁ…という印象です。
なので、そこを思い切ってできるように仕向けていくことにします。前後の流れを意識させるようにしつつ、上手くできると誉めることを繰り返していきます。自信のないところでは、特に三歩進んで二歩下がる感じです(;^_^A

リラックスしてることも割と大事ですよね。時折、あえて肩に力を入れさせて(アレだ、肩甲挙筋を動かす感じかナ?)→脱力:適度に力の抜けた感じを覚えてもらう。かいつまんで型の説明なんかもしながら、少し身体の動きとリンクさせつつ覚えさせましょうか。

息子殿も今回は、より要求レベルを上げてみます。
意外とモチベーション高いのが見て取れるんですが、一体何があったのでしょうか(゜∀゜;ノ)ノ
とーちゃんは、ちょっと心配です(笑)

いや、ま。いーんですが。
もうちょっと出来るようになってきたら、iPhoneで撮りながら、袴とゆかたでやってみっか。
14日は僕が梅猶会にお邪魔しますので、息子殿のお稽古(大稽古:じぃじと合わせる)は15日と相成りました。

こども狂言教室「狂言塾」の生徒さん達にも、少しだけ緊張感を高めるような方向で参りましょうか(笑)
普通の学芸会では体験できないあたりを、何とか……ね。
先生、怖い?
って尋ねたら、
ぜーんぜん!(≧∀≦)/
って事だったので、センセーは安心ですニヤ(・∀・)ニヤ

そうそう、この間は息子殿が徳讃会で以呂波を演じたときの動画を観てもらったんだっけ。これで具体的なイメージが掴めると思います。先生が幼少のみぎり以呂波をしたときの動画(8ミリで撮ったヤツをデジタル化した物)も近々見せてあげようかなー(笑)



2018年4月6日金曜日

お稽古_㉑ 中稽古:一通りは出来るのかな!? ☆☆☆★

ムスメも何とか8割〜9割方を覚えられ、かつ発声できるようになってきましたね。一時はどうなるかと気を揉みましたが、この調子でお願いしますよ。
まだチョコチョコと不安になって自発的に言う事が出来ないところもありますが、今の段階では、まぁまぁこんなモンでしょうか。

息子殿も一通りは出来るようですね。ちょっと安心しました。より精度を高める方向にシフトしてます。モチベーションも十分なようです。

……はぁ。これで僕も少し自分の方に傾注できるというもの(;^_^A
ひとまずは、14日の「千鳥」の酒屋、気張りたいと思います。
千鳥が済んだら「空腕」と「酢薑」、再び、鋭意取り組んで参りたいと思います。

第14回「狂言を楽しむ 徳讃会」
2018.05.20 14:00〜
@善竹能舞台

第14回「狂言を楽しむ 徳讃会」番組




2018年4月2日月曜日

お稽古_⑳ 中稽古と装束あわせと ☆☆☆★

土曜日

都合により僕の稽古が取りやめになってしまいまして(;^_^A 
急きょ、息子殿の狂言「重喜」の装束を合わせてみることになりました。

子方用の装束のみが入った柳行李を蔵から鏡の間に搬出してきまして、まずは頭から。子方用ってそんなに需要がないので、数がないのですよね。
  • 角頭巾(すみずきん):おっとその前に、下頭巾。頭巾全般は特に事情がない限りは直接に被らずに、まずは頭を覆う頭巾を被ります……が、そのサイズ。いや、ま。息子殿意外と鉢がデカいんで、僕用でも良いんですが……やはりまだ大きいか。ふむ。前に業平餅(稚児)で鬘を着けた折に作ってもらった奴で、お!いけたねぇ。よし、コレで。角頭巾は……子方用の、あまりサイズ展開がないので、もし何ならオトナの小さめをアジャストする感じ?いや、ちょうどいいのがありました。それでOK
  • 着付:ふむ。僕が重喜をやった時のん(茶と萌黄の腰明)は……ややや!?まだ大きいかの(゜∀゜;ノ)ノとなると……ふーむ従前の浅葱の「腰明」かぁ。となると、浅葱の袴使えんぞな。寸法は大丈夫かしらん。おお!何とかいけたねぇ。着付は少しだけ肩上げしますかね。
  • 狂言袴:十徳が“かちん”やし、着付けが浅葱やから、茶か萌黄だけど、茶は合うサイズがないので、萌黄一択で。コレが一番の僕の心配でしたが、何とか身体が追い付いてきた感じです。
  • 十徳(じっとく):なんだっけ。玄ジイ様が言うてましたけど、後ろから見ると羽織の“如く”、前から見ると甚平の“如く”“ごとく(五徳)+ごとく(五徳)で「十徳」みたいな。これは、かちんのが一つしかありません(;^_^A これでケテーイ!ちょっと大きいので、これは肩上げ必須ですな。
  • 無地腰帯(むじこしおび):御新発意(小僧さん)なので、これまでの紋腰帯が使えません。ちょっと大きい感じがしないでもないですが……。ちょうどいい色目のがあったので、そいつでいきますか!!
  • 剃刀(かみそり):見付けてあります。稽古用もあるでよ。
子方用の装束はいろいろアジャストが必須になってきますので、あらかじめ余裕を持って取り掛からないと、裏方も変に忙しい思いをしないといけないので……(^^ゞ

……これで、ひとまず出来たのかな!?

そうそう、あと特殊なんといえば、住持の冠ね!!あの頭に被るズドーンとした、エイリアンの頭みたいなやつ(失礼多謝!!だって、名前知らないんだもの。)
あのイメージの冠は、蔵のどこぞで見たよな?というのは、だいたい判ってますけども……あれも出しておこう。師父なる者も、「あれ、何て言うんやろな。」とのこと。それぐらい、レアアイテムですww
急にダメとなっても替えが効かないので。

ほう、ほう、ほう。となると、住持の角頭巾も自ずと決まりますなぁ……。
ほい。出てきました(実物は、当日のお楽しみに!)ほほー。萌黄と茶とありますかね。名称は「水冠(すいかん)」というのだそうです。祖父なる人が外箱に書いていました。
エイリアンの頭じゃなくて、水冠です。
☞重ねての御無礼、たいへん申し訳なくm(__)m 

あらかじめ、探し出しておくべき御道具もほぼ出てきました。使えることも分かりましたので一安心。

はい、そんな訳でお知らせです!!

5月20日(日)14時〜開催

ただいま、チケット絶賛発売中です!!

日曜日

息子殿は、段々と型もこなれてきたような感じです。
ちょっと余裕も出てきましたかな?ぜひ、この調子で参りましょう。
4月の中頃には、じぃじとの合わせ稽古(大稽古)も始まる予定です。気合い入れて参りましょう!!



2018年4月1日日曜日

ホントは午前中にアップしたかったのですが。 ★★★★

つれづれに、ヤフオクを眺めておりますと、著名な彫刻家の初期の頃の作品が捨値で出てましたのでね、こっそり落札しました!(⌒▽⌒)

どうでしょう?この、素朴な感じ(^^)

しかも共箱でねぇ!


御本人の銘も書いてあり、真作ですよ。

2018年3月30日金曜日

お稽古_⑲ 中稽古:ヴェロキラプトル ☆☆★★

平日の恒例。ムスメは科白反復、小稽古。息子殿は、立ち稽古の中稽古(じぃじと合わせるときは、大稽古)

先ににぃにからやってしまうとムスメは眠くなるおそれがあるので、まずはムスメから。

夕食時からじぃじやばぁばに、自分のやる気を表明してたので、モチベーションも問題ありません。やる気満々ですから、僕も逆に気負いすぎないようにセーブするぐらい?で、稽古に臨むつもりでした……が!!
主人(僕):ヤイヤイ、太郎冠者、あるかやい!
太郎冠者(ムスメ):・・・・。(突如、号泣)
あれっ!?(゜∀゜;ノ)ノ
何ぞ、ありましたか?お嬢さん???もしもーし!?
まさかの、オシッコお漏れ漏れ???
おトイレか?行ってらっしゃいよ!?早く!行ってきていいよ?
太郎冠者(ムスメ):マ゛ァ〜マ゛〜
いや、主人を気合い入れてやり過ぎたか?怖かったかな(;・∀・)
そんな気迫あふれてたっけ?

致し方なく、妻なる者に登場いただき、急きょ息子殿に稽古をスイッチ。
ムスメには落ち着くまで別室で、母親と待機してもらう事にしました(;^_^A

……いや、僕は何の落ち度があったのか、自分でも分かりません。
理由を聞こうにも号泣してて話が通じないので。

釈然としないまま、息子殿のお稽古開始。
彼奴は、おおよその型は覚えてきたみたいですね。変な癖が感じられた科白回しも、今回はちゃんと出来ていました。小手先で済まそうという感じではなくなってきたので、大変によろしい。それでこそ次のさらなるステップを目指すことも出来るってもんです。
4月の中頃には、じぃじと合わせて大稽古の開始であります。それまでには、もう少しレベルアップしとこうぜ(。-ω-。)ノ☆・゚:*:゚

さて、先ほどは号泣したムスメ御。
落ち着きましたが、にぃにとかーさんに後ろで見ておいて欲しいとな!?
舞台上では、かーさんは助けてくれないんですが、今回も…アリにしますか……(-。-;)

泣いた理由を聞くと、ヴェロキラプトル(cf.ジュラシックパーク)が、かーさんに噛み付いた夢を思い出して怖くなった。とのこと。
にぃにと一緒にコワイ恐竜の映画観すぎやねん(笑)
ってか、なんでピンポイントでヴェロキラプトルやのよ!

まだ、緊張感を高め、プレッシャーを与えるような、稽古にはしていませんが、徳讃会が終わる頃にはもう少し出来るようになっておくべきかしらね……。



2018年3月27日火曜日

【続編!?】MTB:MuddyFoxレストア(Part 2)と勾玉作りと ★★★★

悲しい哉orz
このブログの一番人気記事は、【趣味】MTB:MuddyFoxレストア(★★★★)でして。息子殿の腰砕けダジャレ参観日や狂言の話題なんか足下にも及びません^^;
なんと!そんなにマディーフォックスのMTBをレストアしたい人が多いんだな!?って思う次第なんですが、今回はそのPart.2ですわ。図らずも(^^ゞ
☞それって、狂言方のブログとして、どうやねん!?というツッコミはナシの方向でオナシャス。

先日来、ギアの動きに異常な固さを感じておりまして。

ギア調整の手間を考えると、少々憂鬱な気持ちで、洗車(もちろんアレ。♫油汚れに〜ジョイ!!なやつです。)をし。
改めて、さて!いざギアに立ち向かわん!!と勇を鼓して見ましたところ……。

もう、これですわ!!(T_T)
千切れてるし。もうすぐ切れそうやし!!
調整では間に合わんやん!!!
こんな風に首の皮一枚?でつながっている状態でありんした。

走行中に切れたりしてたら、エラいことでしたな(/--)/

背に腹は代えられず、密林産のシフトケーブルを取り寄せることに(>_<。。。








シフトケーブルはブレーキのケーブルより細いですし、タイコの大きさ、付き方が違いますから、その点は留意遊ばせ!!(って皆さん御存知ですかね?僕は知らなかったッス。)
ライトウェイ様What are you doing?様のシフトワイヤー交換の記事を参考にさせていただきました。ありがとうございました!!
ワイヤーの取り回しが分かんなくなると嫌なので、記録を撮っておきます。
いろいろタッチアップペイント(車用ですが、何か?)でブサイクになってますが、年季入ってますから、どうぞその辺は御寛恕を。
こいつ、ケーブルガイドとか言うらしいんです。名称が分からず、苦労しました。
そして、これが一番難儀した(/--)/

今思えば、新調しても良かったかもね……。
要は、元通りに付け替えればいいわけで、忘れないように、バラす前に撮っておきます。
シフターも古いよなぁ……。これ、互換性あるパーツはあるんだろうか……。
アウターケーブルもこの如く劣化して割れております。
よう保ったよねー。
いつかこの、ケーブルガイドも取り替えよう。
一応、前側のギアも撮っておきますね。
ケーブルを留めるビスを緩めるのに、アーレンキーを使ったですが、タイヤが邪魔してね……。

短いアーレンキーも要りますね(;^_^A
一通り撮ったので、シフトレバーを外してしまいます。注意したいのは、ネジの紛失です(経験者談)

-`).。oO(ってか、分解の手順分かってません。野生の勘です。

正解が分からないままバラしてます……はい。
シフトレバーの半分ぐらいに巻かれる様にして収まってました。
取り外してブレーキケーブルを引っこ抜いていきますが、上述の通り、ワイヤーが部分断裂してささくれてます。

変に詰まっても困るので、そこの部分は切り落としてしまいます。どうせ捨てますので、遠慮なく。

外したついでに、いろいろと綺麗にしておきます。
ワイヤーのテンションを調整?するネジ(バネが入ってて、中空になってる)も外すとプラスチックのパーツが外れました。
元に戻すときは、一番ねじ込んだ位置で。バネの力で飛んでいくので気を付けて!

ケーブルガイドですけど、新しいワイヤーを通していくときにどうしても通らなくて(;・∀・)

外してしまいました。
外したついでに、例によって例の如く♫油汚れに〜ジョイッ!!と使い古しの歯ブラシでゴシゴシ洗います。

とにかく長年の泥がこびり付いておりました(--;)
さっき、ケーブルガイドですけど、さらに小パーツに分離しやがりました(゜∀゜;ノ)ノ

パーツ無くさないように気を付けます。

ケーブルガイドの中にグリース注そうと思いまして、スプレー型のグリースをブシューッと穴に吹入れたところ、砂利の混じったのが出てきました(;^_^A

これで多少は通りやすくなったでしょうか。

この後、ワイヤーを元通りに通して、ギアの調整をして、ギア廻りのレストアは終了としました。26日(月)に早速走ってみましたが、上々でありました(^~^) 
前の三段は街乗りする限りにおいてはあまり使わないのです(僕のMTBの前ギアは、人間工学に基づく特殊な形状らしいのですが……。)
いつか、前後のギアやディレーラーと、シフターを総取っ替えしてみたいものです。前2段、後ろ10段ぐらいに出来たらな……。ついでにリムを米式バルブ対応に……。(まだ機は熟さず^^; ←思い切りが付かず。)
 

ところで。

3月25日(日)は、我が子らを連れて、地元のいましろ 大王の杜へ行ってきましたよ。

写真は今城塚古墳公園の一角に陳列されている埴輪のレプリカです(古墳からそう遠くない場所にハニワ工場跡地もあったりします)
今城塚古墳(前方後円墳)のすぐ横です。

うららかなお天気で、近隣のパン屋さんでテイクアウトして、お外でパンを食べまして(^~^)

久しぶりに息子殿に唆されて、前方後円墳の廻りのお堀の横の堤防を全力疾走しましたらば、肉離れ起こすかと思いました。
☞これを記している今、全身筋肉痛であります。(歳ですわー。)
跨がるだけでは芸がない?ので、馬の埴輪の真似をしてみましたが……。

息子殿にはウケてました。
ここは高槻のゆるキャラ、はにたんが生まれた場所でもあります。
遊びに行ったついで……と言っちゃ何ですが?
チラシのラックに配架していただきました(o´∀`o)

早速置いてくださったみたいで、帰りには既に。

ま、ちゃんと、宣伝はしてる!?^^;
前から僕が個人的に一度やってみたかった、「勾玉作り」のワークショップです。所要時間は約1時間でしょうか?
☞この間、ニフレル行ったとき、息子殿が鉱石欲しがってたしナ。ちょうど良かった。

石は入り口の受付カウンターでセットを購入できます。

黒白マーブルが400円(硬い)
ピンクも400円(柔らかい)
白色は300円(柔らかい)

勾玉以外の型もありますので、その辺は御好みです。
☞型とチャコペン?か鉛筆、金ヤスリは貸して下さいます。
ガイドのおじさん、おばさんの説明を受けつつ、セットに付属している紙やすりでゴリゴリ、ザリザリ削っていきます。

黒白マーブルは硬いんですが、その分、傷が付きにくく、艶が出るとのことで、磨くと艶々と光ってきます。
ピンクか白の石なら、小さなお子さんでも出来るんじゃないでしょうか?

とーちゃん、自分が夢中になって作ってて、ハッと気付いたら、ムスメの方は逆に削りすぎてて、リカバリーに手間取ったりも^^;
だんだん、形になってきましたよ。
右肩が痛いのは、もしかしたらコレのせいかしら!?(゜∀゜;ノ)ノ
全体に円みをつけていきます。どの辺で終了するかは、御本人次第(笑)
目の細かいサンドペーパーで磨き、さらに耐水のサンドペーパーで磨きますと……!
左から、息子殿作
拙者の作、
右はムスメの作です。

首に掛ける紐はテグス結びをすることを教えてもらいました。
☞指導員さんに、あ!テグス結びですね?って尋ねたら、そうだと仰ってました。
☞さらに新聞紙でも磨くと、よく光るそうです。

余談ですが……。

今回、妻は職場の研修で同伴してませんでしたが、このTrackR(トラッカール)が意外と重宝しました。
よく、鍵をどこにやったか分かんなくなるので買ったんですが、ムスメにつけてみました。

ちょっと離れすぎだな!と思ったときは、iPhoneのアプリからこの端末を鳴らしてムスメに教える。

逆にムスメが僕を見失ったときは、端末のスイッチを押して教えてくれる(iPhoneが鳴動する)……。って感じでやってみました。
ま、これは御参考までに。

2018年3月26日月曜日

お稽古_⑱ 中稽古:心の準備 ☆☆☆★

今回は、十分に!朝(いや前日?)から予告しておきましたので、御むずかることもなく、お稽古に臨みました。
些細なことなんですがね。中途の指示がやたらと多くて、どういう結果が欲しいのかが明確でない人っていますけども、とーちゃんはこういう風にして欲しい。ってちゃんと言っておくと、自分で考えて勝手にしていく(あるいは最少の指示で済む?)みたいです。

ムスメはね、もうほとんど科白は覚えたみたいですね。後は、何度も繰り返して定着させていくだけでしょうか。割とこの方は感覚とノリ(勢い?)だけで済ましてるところがあるので、ちょっとコワイです^^;

息子殿はねぇ……。型はだいたい覚えているのだけれども、身体能力(身体技法?体幹の筋肉がブレる?)がまだ伴っていないという感じですかね。稽古を積んで、自分の意識したとおりに、自動的に身体が反応してくると、もう少し様になるんでしょうが……。まだまだですね^^;

午後からは、善竹兄妹と生徒さん達がお見えになって、こども狂言教室「狂言塾」のお稽古があります。
お稽古に臨む心得の一つは、やはり「真剣に取り組む」ということでしょうか……。
できるだけ楽しく、大蔵流狂言に親しんでもらえるよう、体操やストレッチで軽く心身をほぐしてからお稽古を始めているのですが……。

お稽古中に、
楽しくて、ついつい笑いたくなる……。
面白くて、“型”を忘れて、力を本気で入れてしまう……。
夢中になって、先生の注意が聞こえない……。

床面がツルツルに磨き上げられた舞台の上は、とても滑りやすい(“ウケない”という意味ではなく!)ので、怪我をせずに取り組んでもらえるよう、鋭意努めていきたいものです。
☞教訓として、ムスメが楽しくなりすぎて(面白くてコーフンしすぎて?)顔面を床に痛打したおりの傷(ムスメの歯形ww)を指し示して見せておりますが……(笑)

はい、ま。そんなんでね。
こども狂言教室「狂言塾」は、楽しく真剣に!をモットーに、開講しています。入会随時受付けていますので、御興味のある方は、ぜひガイダンスをお申込みください!!


2018年3月23日金曜日

お稽古_⑰ 中稽古:なかなか進まんのぅ ☆☆★★

いい職場?なので、ほぼほぼ必ず定時に仕事を終わることができます。
なる早で帰途につくのですが、とーちゃんは家に帰って夕飯を摂り、晩酌もせず!(☜ここ大事ね!!)子らの稽古、自分の課題を行う時間に充てるわけです。
☞晩酌が出来ない。という意味では、健康的なのかも知れませんがね。

こちらは、自分の稽古に時間を掛けたいわけですが……。
な ん で ! こ い つ ら は、
さ っ さ と 動 か な い の か ! ?
もう、半ば諦めておりますがorz
お互いさ、夕食後、まったりしたいのは解るよ!?でも、とーちゃんにもさ、都合ってモンがあるんだよ。その辺、忖度してくれても良いんじゃないの!?(笑)
始まる時間が遅いと、終わる時間も遅くなるの!君たちは知らないかも知れないけど!!

ムスメの方、木曜日の小稽古(科白の反復)は、iPhoneで録音してみました。まだまだですが、ちょっとずつ頭に入ってきてるようです。本人が自己申告するほど、全く出来ないわけではないです。にぃにが徳讃会の「重喜」を終えるまでに、ヒントなしで科白が出てくるようになればそれで良いです。
この年代の子らは、だいたい半年は掛かる感じですね^^; 

息子殿の方、中稽古(立ち稽古)は、……ん?なんか科白の語尾の調子が少しおかしいような??変な癖が出てきましたので、その修正を並行しつつ……。
いや、イチイチその都度それを指摘してたら、もう先に進まない、進まない(-_-#) 

加えて、型がまだよく覚えられていないので、動きもやり直しが多くなりますわなぁ……(--;) 
謡に合わせて動くのも初めてだっけ!?いや、靱猿や小舞でやってるやん……(-。-;) 
☞謡の詞章を聞いてからでは動きが遅くズレてくるので、早めに動くのですが、ただ単に早すぎてもいけないわけで。

そして、とーちゃんのお稽古の時間はちょっぴりになってしまうんですよね。22時過ぎてまでは、ちょっと気が進まないですし、効率がよくないです。
子どもらも寝てますし……。

昨今は「諦観の術」を身に付けまして。ええ^^;
もうね、所与の条件で最善尽くすしかないんですよ、ホント(--;)


2018年3月22日木曜日

ニフレルに行ってきましたデ!(長いです) ★★★★(お時間ある時に)

ニフレル……。それは、「○○に触れる」をコンセプトに作られた、生き物館(ザックリしてて済みません。)です。
大阪府は吹田市の、かつてエキスポランドがあったところにあります。
エキスポランドには特に思い入れはないですが、何かの罰ゲームで生まれて初めて乗った絶叫系マシーン?が、あの風神雷神Ⅱだった。ということは、特記しておこうかと思います。
まぁ、なーんでお金払ってまで、本能が忌避するような、怖い(危険な?)思いをしなければならないのか。とーちゃんは、かねてよりギモンに思っております。
絶叫系マシーン大好きな人に聞けば、風神雷神Ⅱって、「そこそこコワイ奴やったデ。」とのこと。それが人生の1回目って、どうなん!?
☞そもそも、国立民族学博物館(みんぱく)の方が好きです(。-∀-) ニヒ♪ 幼少のみぎりにはモアイ像を見に行きました!
☞余談ですが、みんぱくをデートに組み込むことは、一つの踏み絵的要素がありましたね♡(みんぱくを楽しめるかどうか。)

閑話休題!
さて、前から行ってみたかった、ニフレル!!

まず、車で行ったんですが、アプローチが難しい!!難解!!(゜∀゜;ノ)ノ
どこから駐車場に行けるかがよくワカラン!!!
☞どうやら、僕の自宅からはルート2で行くようです

でもまぁ、何とか良いところに停められまして。
折しも強めの雨が降ったりやんだりの悪天候で。なんか久しぶりに、ワイパーを素早くガッコン、ガッコンさせながら運転しましたデ。

雨天という事もあって?ホントに大盛況で。老いも若きもこぞって屋根のある施設に遊びに来てる感じです(笑)
早めに出発して、10時前に到着してチケット購入の列に並べたこともあって、割とすんなりと入館できました。
初っ端から、斯様な真っ赤、白いドットな海老さんが迎えてくださいます(^~^)
ちゃんとした詳しい事は、
ニフレルは既存の水族館とはちょっと違った見せ方が面白い。
なんかを御覧いただくとしまして、以下は例によって例の如く、僕の趣味に走った内容です。

こんなん、初めて見た!
もちろん、ニモでもお馴染みのカクレクマノミやナンヨウハギなんかも見られますが、僕はそういうのじゃ満足できません(。-∀-) ニヒ♪

以下、ちょっとキモい?生き物が出てくるかも知れませんが、どうぞ御寛恕を。
ラインナップとしては、何かマニアウケしそうなのが揃えられています。
まだこの辺は序の口です。
クラゲね。
全然ハナシ関係ないですが、最近は海月(みづき)ちゃんって女の子いらっしゃるよね。

いつも心の中で読みまつがえてて、すみません。
クモヒトデ……。
子連れでなければもっとゆっくり見たのだけど。

ものスッゴく残念でっす!!(T_T)
カイカムリってやつですが、 展示のための種名が書かれ、水中に置かれてるプレートを背負っておいででしたww

いや、そこに貝殻落ちてるやん、なんでそれなん!?

名札かむり。
このハゼは、なんかちょっと変わってたなぁ。
カッコいいです。

だいたい、写真撮ろうと思ったのは、Facebookのカバーに良さげなのを!!って感じだからな(;^_^A
☞ちゃんとスタッフに撮影して良いか確認したです(フラッシュなしなら可) 
まさかこの魚が見られるとは思いませんでした!!この目玉で上空と水中とを両方見てるんです。ヨツメウオ。
いやー、嬉しいなぁ(≧∀≦)/
オオグソクムシ。
もう、メジャーになりすぎてて、僕的にはぴくりとも来ない……こともないか。

Kidsはダンゴムシ、やたら好きやからな(笑)
息子殿とは種名を“先に当てあう”勝負をしつつ、進んで参ります。
これは、オウムガイやで。
マツカサウオな。
カッコいいです。
とーちゃんも知ってるけどな!!

ミノカサゴやろ?
いつか、Twitterのアイコンに加工してやる!!(スクエアにトリミングするだけ。)
いつか、カバーにしたる。
エボシカメレオン、イカす(≧∀≦)/
コイツとは目が合った。
ワオ!キツネザル。

オレがそんなに珍しいのか?的な。
人多すぎて、気の毒な感じ。

このゾーンは基本、ヒトと動物を隔てる柵がありません。
いっぺん、ペリカンをですね、真正面から見てほしいですね。
あ!あいつに似てる!!
っていう、友だちが居るかも知れませんぞ?
こんなん、飛んでこられたら怖いわ。
ほぼ恐竜やん。
☞鳥類と恐竜を分けて考える必要はどうやらなくなってきてるそうですね。我々は、恐竜の肉や卵を食うとるのです。
余談ですが、ニフレルの外にはガンダムのショップ?がありましてね。

僕らの世代はどうやらガンダム派、マクロス派、パトレイバー派とあるようでしてね。

僕は、どっちかと言えば、パトレイバー派であります。

なので、あまりガンダムには精通しておりませんで。とりあえず
「アムロ」っちゅー人と、「シャア」って人が戦うねん。
右がガンダムやけど、左が……ゲルググ?ザク?ドム?
赤いのはシャア専用の特別仕様機やねん…。
と拙い知識を披露しておりますと。息子殿に、
どっちがワルモノなん?
と尋ねられたのですが、
そこはほれ、どっちもがそれぞれの自分の正義を主張して戦ってはるねん。
どっちがワルモノとかないねん。
と、苦しい説明となってしまいました(なにせ、うろ覚えだもの)
ガンダム派の皆さま、間違ってないよね!?どうなのかしらん(;・∀・)

昼食

並ぶのを覚悟してましたが……。さほど待つ事もなくJ.S. BURGERS CAFEに入店。ついうっかり?お店オリジナルのクラフトビールを注文しまして(笑)

帰りは家人に運転をタッチ!!

これ、だいぶんと美味しかったです。
済みません、食事が出てくるまでに一本、飲んじゃったww

なので、今度はこれ。
これを1本目にしたら良かったかな(;^_^A
で。僕はヒッコリースモークのバーガー
デフォルトでフレンチフライが付いてきます。

ここは、また行きたいなぁ。
そして、そして!

吉例!マイ・スーベニール!!

のお時間です。

また、ショーモナイ物を……。と、思われる向きも、もちろんあるでしょう。今回はガチャガチャはピンと来なかったので、スルーしました。

ただ、手ぬぐいはね!子連れですと、本当にいろいろ重宝なんす。普段使いにちょうど良い!!
そして何よりも、自分が気に入った博物館、動物園、水族館、美術館…etc.を応援したいという気持ちです。やはり収入があってこそ、人件費や光熱費、その他の管理維持費や特別展の費用を捻出できるんです。気に入った施設は長く続いて欲しいですからね!
僕も、そういう類いの仕事をしてますので、気に入ったモノには、ちゃんと対価を支払って応援するのです。オタクな人々と一緒です(。-∀-) ニヒ♪
☞そうしないと、いつの間にか消えてるです。

御存知、ワオ!キツネザルですね。

これはムスメが欲しいと言いました。ペンギンさんです。
そしてこれは……とーちゃん(≧∀≦)/
たぶん、オオハシですよね。
そうそう、ニフレルの入り口で、こういうノートを購入できます。350円だったかな?

で、シールが添付してるんです。
自分が実際に見て確認した生き物を、所定の場所に貼っていくんですよ。
よく、スタンプとかありましたよね?

でもこれは、有料だけど、子供心をくすぐるし、動物も真剣に観るし……。
収入にもつながる、なかなか良い仕掛けだと思いました。

僕も狂言の登場人物チェックシート作ってみようか!?(笑)
徳讃会で出てきた人物(あるいは、一定期間内で善竹徳一郎の出てる演目を?)をある程度コンプリートしたら、何か記念品を!とか!?

で、息子殿のチョイスはこれ。
初めはオオハシの手ぬぐいが良いと言ってたけど、その後、鮫の歯の化石とか鉱石が良いとか言い出して(;・∀・)

それはあまりオススメではなかったので、こちらを推してみました。

昆虫を上から、横から、下からの3方向から観察できるキットです。

クモが入ってますけど、初めからピンセット共に入ってた模型のやつです。
上から
ケースにはゲージも付いてるので、大きさもある程度測れます。
下から

そういや、消しゴムを入れて観察してたな(;^_^A

ま、生き物入れて観察してみてくださいな。