2013年5月31日金曜日

はい。ま、そんなんでね……。

えー。こんにちは。
このところ1年以上、放置していたこのブログですが、ちょっと思うところあって再開することに致しました。奇しくも今日は法人創立の日ですし。

目的は、標記(ブログ表題)の通りです。

狐面(玄三郎翁の打ったもの)
さて。
釣狐」という演目があることは、御存じの方も多いかと思います。
和泉流の方では、「猿に始まり狐に終わる」という言葉も伝えられているとか。
さらに、別な言い方を借りれば……。
狂言方の 
「卒業論文」である。
「釣狐」とは、そういう演目なのだそうです。誰が言ったか、知らないけれど。

ま、そんなことは僕にはどうでもいいです。
その辺の分類とか定義とかは、どこぞの本でも買うてね、読んで下さい(笑)
※ちなみに、ここのアフィリエイト(参考文献・参考資料ってとこを見てね!)から購入いただけると、私にマージンが入るので、ふるってこちらから、ご購入下さい。

その「卒論」をば、挑むことになりました。
我が法人の主催する、第5回「狂言を楽しむ 徳讃会」善竹玄三郎三回忌追善会(平成25年11月24日開催予定) にて。
※カウントダウンのブログパーツ導入しています。

この、第5回徳讃会に向けての栄光の軌跡を、なんと!セキララに書いてみようではないか!?というハズカシー試み。

乞ーう、御期待!?(とりあえず、毎日更新を目指そっかな。って思っています。)