2016年6月11日土曜日

【土曜】さんすうの授業【参観】(☆☆☆☆)

首から保護者の身分を表す名札を下げてますので、校門はエレガントに通過。
上靴に履き替え、いがぐり頭氏(息子殿)が普段過ごす、教室の前の廊下に立ちます。
既に朝の詩の朗読?のような活動が始まっていました(朝礼の一環でしょうか?)
教室の窓越しにのぞき込むと、「あ!いた!!」
いがぐり頭氏と目が合います。心なしか嬉しそうです。いがぐり頭氏は、席替えをして入学当初の頃からは席が移動していました。

そうこうしているうちに、授業開始を知らせる懐かしいチャイム音が鳴り、1限目の授業の始まりです。
廊下にいた我々保護者も、三々五々と教室内にお邪魔します。

*** さ ん す う の 授 業 開 始 ***


(おもむろに、無言でバラの造花を花瓶から取り出し、右手に1本、左手に2本持つ先生)
(右手の1本と、左手の2本を、両手を“合わせて”3本にする先生)

僕なりに先生のやっていることを忖度すると、この「1本と2本を“あわせて”3本」という言葉を導き出す(たし算の概念を理解する)という授業のようです。

先生が仰います。
「はい!今の先生がやったことを、説明できる人!!」

(一斉に挙手!みんな元気です。)
(みんな手を挙げ、当てられた人は銘々に発表していきます。)

「にせものみたいです」
「とげがあるんじゃない?」

先生と、児童達との実に真剣な問答。
丁々発止?(いや、掛け合い万歳のような? 笑)のやり取りもあります。

-`).。oO(うーん、惜しい!先生の欲しいのは、多分…そういう答えじゃないんだろうナ。ってか、どんどん、ハズレていってるよ……。
と、僕は思います。

そんな中、
-`).。oO(お!うちの息子も!!手を挙げた!?いや、意外と積極的やん。何か、考えまとまったか???


「はい!いがぐり頭 さん。」(先生が当てます。)☜名はあえて秘します。本名です。




息子が、満を持して答えます!!


「バラが、バラバラ!!」

「はい、それは、ダジャレみたいですね。」(先生、実に軽やかにスルー)







-`).。oO(バ、バラが…バラバラ……バラバラ…バラ、バラ……バラ…バラ…バラ…………て。

とーちゃんは、思わず 膝 か ら 崩 れ 落 ち そ う になりました……orz
☞失笑を禁じ得ず、目から涙がこぼれ落ちました(ノンフィクション)
☞まさか、バラにはトゲだけでなく、こんなワナが……(゜∀゜;ノ)ノ
☞気を付けなはれや!!


夕食時、
「どうして、そういう答えやったん?」って聞いてみました。
どうやら、初めは真面目な、ちゃんとした回答?をしようと思っていたそうですが、当てられた途端、急にダジャレを言いたくなったんだって(^^;) 
☞ってか、笑点じゃないんだから(爆)
☞しばらくは、思い出す度にニヤリと笑って過ごせそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

まいど!コメント、待ってます!!
(承認制になっていますので、反映には時間がかかる場合があります。)